スタンドバナーの使いどころ

スタンドバナーの効果的な使いどころはどこか?

サイズやデザインこそ違えど、スタンドバナーを利用しその恩恵に預かる店舗や組織は数多くあるのですが、その効果的な使いどころというのは確実に存在します。ではその具体的なシーンはどの様なものなのか、幾つかの例を挙げつつ確認してゆく事にしましょう。

季節限定メニューのPRが最大の使いどころとなる飲食店

今や大手チェーン店を含め、ジャンルを問わず数多くの飲食店がスタンドバナーを店頭に掲げPRを行っています。その内容はメニューに関するPRが圧倒的多数を占め、特に季節限定メニューやキャンペーン実施中のメニューが目立ちます。直接入店しなければ確かめようの無い店舗と比べれば、入店する前にそれら有益な情報をいち早くキャッチ出来る上、入店するか否かの判断をその場で素早く行えるスタンドバナーのPR方法は、お客様にとっても大変理想的なのです。またスタンドバナーを利用すれば、画像やPRの文言を通じそのメニューに対するイメージをお客様が容易に掴める為、注文もし易くなります。それゆえスタンドバナーにはメニューの特徴だけでなく、セットメニューの内容や値段といった具体的な情報も併記すべきなのです。

清潔感と真新しさを演出出来る住宅展示場

スタンドバナーが良く利用されるエリアとなれば、最近になって増えてきた総合住宅展示場のエントランスもその一つとして挙げられるでしょう。
新築住宅に関心を持ちやって来るお客様は住宅新築に関してそれなりの覚悟を持って訪れる筈。しかも住宅という高価な買い物の下見ですから、一般の買い物と比較し更に遠方からやって来るケースも多いのです。
この際スタンドバナーは遠方からやって来る土地勘を持たないお客様に対しても、その存在を遠方から察知してもらう為に大変有用なアイテムとなります。その為屋内用のスタンドバナーと比べかなり大型で明るい色合いを持ち、遠方からでもすぐにそれと分かるデザインが求められるでしょう。
また新築住宅が持つ清々しく清潔なイメージを演出する為にも、白を基調とした清潔感溢れるデザインが重要となります。

非日常を前面に押し出した大型イベントの会場にも

多目的大型ホールや展示場にて不定期あるいは年単位で開催される大変大きなイベントでも、スタンドバナーはその効果を発揮してくれます。そのイベントだけの為に特注された超大型のスタンドバナーは無意識に眺めるだけでも圧倒される程の迫力があり、そのイベントが持つ非日常感を大いに演出してくれるのです。
スタンドバナーのデザインは製作業者が持つ統一されたテンプレートというのは存在せず、依頼者が自由にそのデザインの構想を広げられるメリットがあります。それによってデザインのマンネリ感を防止する事が出来る他、主催者がイベントごとに新鮮な気持ちで観覧客を迎え入れる事が出来るという事をも意味しています。
それは来場客にとっても同じ事であり、非日常に接するワクワク感は真新しいスタンドバナーを見た瞬間に最高潮に達する事が出来るのです。