スタンドバナーの優位性

広告媒体としてのスタンドバナーの優位性

世の中には、広告媒体として様々なものがあります。テレビやラジオのコマーシャルや新聞広告といった不特定多数の人に向けた広告もありますが、スタンドバナーはコストパフォーマンスに優れ、局地的な宣伝に非常に効果的です。

変幻自在のスタンドバナー

スタンドバナーには、お店の宣伝や、お店のメニューを載せることができたり、イベント時にその出入り口にて告知をしたり、イベント会場でのブースの案内に使われたりと、その使用用途は多岐にわたります。店頭などで宣伝に使うときも、のぼりや垂れ幕のように布に一度印刷してしまうと変更することができないものに比べると、スタンドバナーは紙を変えるだけで内容を変幻自在に変えることができます。そのことにより、季節限定のメニューなどを宣伝したいお店などでもよく使われます。また紙といっても、防水加工がされていたり、防火加工がされていたりと質の高い用紙を使っているものもあります。板製の看板などに比べると安価で作れるという利点もあります。

シンプルなスタンドバナーも効果的

スタンドバナーに載せられる内容について、多種多様なものがあります。素材が紙ですので、配色パターンも無数に使うことができ、写真などを載せることもできるといったメリットがあります。また、中にはわざとシンプルな文字を乗せることにより、インパクトを与えるスタンドバナー広告もあります。その際には黒や紺などの暗めの濃い色に白抜きの文字を使うなど、一目見た人に強い印象を与える工夫がされています。また、企業のイメージカラーを使うことにより、遠くからでもその場所に店舗が存在するをアピールできます。使用しないときには、比較的軽い素材で骨組みがされていますので折り畳んで直したり、持ち運ぶことが簡単というのも大きなメリットです。

厚手防炎クロスは丈夫

スタンドバナーは、多くの場合、店舗の外などといった天候に左右される場所で使われます。屋根がなく、雨などにさらされる可能性がある場所で使う際は、水に強い素材で作ったスタンドバナーを置いておくと安心です。また、台風などの強い風で、骨組みが折れてしまったりといったときも、業者によっては補修パーツを売っていたりしますので、買い替えなくても修復で済む場合もあります。さらに、宣伝効果を高めたい場合は、両面印刷するといった方法もあります。また、イベントなので複数回使う場合は、複数回の折り畳みに耐えられるような厚手防炎クロスを素材にしたスタンドバナーを使うとシワになりにくく、コストパフォーマンスが上がります。