飲食店だからこそスタンドバナー

スタンドバナーは飲食店だからこそ活用

スタンドバナーを活用する可能性が非常に高い飲食店。屋内外を問わず、その大きなPR効果により多くの来客を生んでくれるものです。それではスタンドバナーがPRを得意とする環境やメリット、利用上のちょっとした注意点について見てゆく事にしましょう。

他店に負けないPR効果を生み出す為に

スタンドバナーは大手チェーン店を始めとした飲食店のおすすめメニューのPRに良く活用されていますが、特にそれらが目立つのはショッピングモールやレジャーランドといった大型施設内に位置するフードコートでしょう。
同ジャンルを含め数多くの飲食店が集中するこのエリアでは、各店舗共に華やかな外装を持ち来客に対しPRしています。それらの中に埋もれる事無く自らの店舗やメニューを前面に押し出しPRするには、店頭の目立つ場所に掲げられ直接来客の目に訴える事の出来る、スタンドバナーが最も効果的な方法となるのです。
店舗が気になる来客の視線に合わせてサイズやデザインを決定する事が出来る上、スタンド付きで設置も容易。ですがスタンドバナーの利点はこれだけに留まりません。

のぼりと違い屋内でも簡単に掲げられる

店舗やそのメニューのPRに大変効果的なアイテムとしてもう一つ忘れてはならないのはのぼりですが、スタンドバナーにはのぼりには無いもう一つの大きな魅力があります。それは基本的に風の吹かない施設屋内にある店舗にも導入出来るというメリットです。
のぼりはその構造上ある程度風が吹かないと十分に広がらず、効果的なPRが行えないのです。一方スタンドバナーはスタンドの上下から完全に広がった状態で固定されますから、風の有無とは一切関係無くPRが行えるもの。ですから施設屋内に広がるフードコート内でのPRには最も理想的なアイテムなのです。
もちろん屋外でも利用出来るのですが、こちらは更に大型のタイプが便利でしょう。PR効果のアップだけでなく元よりの安定性を活かし、より大型化する事が出来るのです。

効果的なPRを行う為に数カ月単位での交換が理想的

スタンドバナーを始めとしたのぼりの材質は比較的丈夫な布となっていますが、それでも長期間に渡る連続した使用となれば、次第に各部の劣化が生じるのは避けられません。特に雨風に晒され易い屋外に設置する場合は気を付けるべきで、数カ月経過し色あせや端のほつれが目立ってきた時点で更新を考えた方が良いでしょう。
ただ飲食店における目玉メニューのPRならその更新サイクルと比較的合致し、目玉メニューを出す期間が終了すると同時にスタンドバナーを交換出来るケースが多いのです。
予めシーズナルメニューの年間スケジュールを立てた上でスタンドバナーを発注する事により、コストの無駄を最小限に抑えられる筈。また業者によっては同じデザインを繰り返し発注する事も出来ますから、発注もスムーズに行える様になるでしょう。